シードルってどんなお酒?

カネシゲ農園で、丹精込めて作っている

Farmer’s Craft Cider

「シードル」は、りんごからつくったスパークリングワイン

語源は、「果実を醗酵させてできた酒」

を意味するラテン語「シセラ(Cicera)」

日本では まだ新しいお酒の響きかもしれませんが、実は❗️❗️

ぶどうのワインと同じくらい古い歴史があります。

11世紀になって、フランスのノルマンディ地方にりんごの栽培が定着し、シードルの生産も盛んになりました。

当時はビールのように、庶民的なお酒だったようですね(^^)

その後イギリスに伝わり、(そこからCiderサイダーと呼ばれるようになりました)ヨーロッパへも˚✧₊⁎❝᷀ົཽ≀ˍ̮ ❝᷀ົཽ⁎⁺˳✧༚

素晴らしい。拍手

各国でも、それぞれの呼称があります。

・フランス語 ― シードル(Cidre)

・英語 ― サイダー(Cider)

・ドイツ語 ― アプフェルヴァイン(Apfelwein)

我が『Farmer’s Craft Cider 』は、気軽に楽しんで飲んで頂きたい❗️

という思いから、上品な響きの『シードル』ではなく、身近に感じて頂けるように『Ciderサイダー』と名付けました(o^^o)

頑固おやじが 作るように こだわり抜いて作っている

Farmer’s Craft Cider

カミングスーン❗️❗️くわっ❗️❗️

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です