卒業〜旅立ち〜

卒業の季節です(^^)

息子が1歳、2歳、3歳と通った『つどいの広場』(地域子育て支援教室)も最後の日でした。

息子は、自閉症という先天的な発達障害を抱えています、何かが違うと気づいたのは息子が1歳半の時でした。

私の人生の中で 障害の子供を育てる事になるなんて (お気を悪くされたら申し訳ありません。嘘をつかず、素直に書かせて頂きたいです。)

気持ちがついていかず、涙する日が多かったです。

愛してるのに、変わらず可愛いのに、コミュニケーションが伝わらず、普通の子とは違うと気づいてから 不安が押し寄せてこの子とどう接していったら良いのか…と

辛いとか、悲しいとか どうしてとか、色んな感情の渦中にいる時でも、息子はいつでも、息子のままでした。息子はいつでも、ママが大好きな息子のままでした。

これでいい、と思えました。今のありのままの息子でいいんだと、思いました。

生きて、笑ってくれて 言葉で言えなくても伝わる大好きだという 気持ち。

そして、息子がどんな特性を持っていて この先、どんな道を歩んで行くのか。

〝知ろう″と、主人が 言ってくれました、

わからないから 知らないから不安なんだよ知ることで 不安がなくなるから と。

息子を理解しようとすることで、私達夫婦の絆も深まり、息子の行動に悩みが出てきては、それを一緒に考える。どうしたら お互い負担なくクリアできるか!

つどいの広場でも、まぁ、やらかしてくれる息子。

イスに座れず ジャングルジムに登ったまま食事。

話しかけられても 何の反応もなし。

え?私 透明人間になっちゃった?レベル。

土を食べる。

駄目だという事が理解できずやり続ける

何より 疲れたのは 話しかけられても なんの反応もしない息子を カバーするように私が話す。という事です。

せっかく話しかけてくれた相手の方や、先生に 悪いな。と思ってしまうのです。

何より 辛いのは息子と同じ年齢の子を見る事です。

何度も夢で、息子が喋る夢を見ました。

それでも、通ったつどいの広場。

そんなこんなで 息子、とうとう今日が最後の日でした。

変わらず 話しかけても 反応は薄いですが、よく目が合うようになりました。

ご飯もイスに座って長い時間いられるようになりました。

駄目だと教えると 手をとめるようになりました。

最後、先生にバイバイができました。

彼は とても成長しました。彼のペースで、しっかりと。

いつも居心地の良い場所を作ってくれた先生にも感謝の気持ちを伝えて 次の場所でも頑張るぞ!

と思いました。

区切りがあるから、今までを振り返る事が出来て、そして次に向けて出発する。

私自身、何を頑張るのか よくわかりませんが、子供と一緒に毎日を笑って生きることが目標です(^^)

えいえいお〜‼️

p.s ⁑ 先生方にお礼でお渡した カネシゲ農園の『りんごワイン』とても 喜んでくれて嬉しかったです。お酒って自分で飲んでもよし。贈答用にもぴったりで 大変 素晴らしいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です