娘との会話

昨日の 寝る間際、母と娘(5歳)の会話

娘:「ねぇママ、すーちゃんも大人になったら子供産むの?」

私:「それは ママにもわからないなー」

娘:「なんで?ママだって子供産んだじゃん。」←なぜか怒り気味。笑

私:「ママは 子供が欲しいと思ったからね。だけど、子供を産まないってことも選べるし、産むことも選べる。

ママは、パパと一緒にいたいから結婚することを選んだし、結婚しないことも選べる。

男の人を好きになる事も選べるし、女の人を好きになることも選べる。

すみれの したいように選べるんだよ」

娘:「じゃあ ママやったじゃん!!」

私:「!?なにが?」

娘:「パパ選んで良かったじゃん!すーちゃんもパパ好きだよ、優しいし」

私:爆笑

なんか、ありがと。笑

私の人生の選択は 良かったようです。笑

会話が 面白いなぁ、と思うと同時にお母さんの価値観が 娘にこうして植え付けられていくのかとも感じ、

これから 娘には 女の子はこうでなきゃいけない なんて そんなこと言いたくないなぁ。とも。

そもそも 《女の子らしく》の枠組みに反抗して育ってきた私は なおさら。。。

私も色んな世界を知りたいなぁ、狭い世界じゃ自分の大きさがよくわからない。

とりあえず、好きなことから始めようってことで 読みあさってるのが 小説やエッセイ。

私、昔 さくらももこさんのエッセイ読んで衝撃をうけました。活字なのに吹き出すほど面白い文章を書く人だったからです。

今でも 覚えてます。水虫を民間療法でなおしたり 痔を民間療法でなおしたり。

描写が天才的!

おっと、まずい 何を書いているのか私も よくわからなくなってきました。

私が人生で出会った面白い本。子供達がもーっと大きくなったらそれらをすすめてみようかなぁ^_^

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です