一歩進んで二歩下がる

梅雨の気配到来ですね。

カネシゲ農園も、アメリカ研修から帰ってきたのもつかの間 留守中の仕事を挽回すべく、草刈り作業や 桃の最終摘果に袋掛けなど 沢山の仕事に精をだしております(^^)

4月から保育園生活が スタートした長男も、園生活が2ヶ月すぎ 急成長を遂げたかと思いきや。笑

ここへきて、

「保育園に行きたくなーい!」

からの 、園に着いても

「靴脱ぎたくなーい!!」

からの

「お支度 準備するのなんか ごめんだー!!」

「リュックなんか いらねーよ遊ばせろー!!」

「なんだよ この ルーティン!お支度自体が気に入らねーんだ!オレは!」

と言わんばかりの 暴れっぷり。

もちろん、言葉は喋れないので 床に仰向けになり バタバタ わめき散らす。

そんな中、暴れる息子をなだめながら

保育園に入園した頃、先生が言ってくれた言葉を思い出していました。

子供の成長は 一歩進んで 二歩三歩下がります。今まで出来ていたことが急に出来なくなったり つい周りの子と比べて 焦る親御さんもいるかもしれません。

しかし、どの子も一歩一歩 確実に成長しています。どんな時もお子さんに寄り添って、その時 その時で頑張っていること そっと見守ってあげて下さい。

こんな風な 言葉でした。

まさに 今がその時期?! かと思われます。

息子の次のステップへの 期待は胸にそっとしまい、息子が今ぶつかっている葛藤を私も共有しながら やっていきたいなぁ☆

と思っております(^^)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です